四つ葉のクローバー

lsiaunqoのブログ

レシチンの有効性と役割


レシチンとも呼ばれるレシチンは、人体に欠かせない栄養素であり、タンパク質やビタミンとともに、人体に欠かせない3つの栄養素の1つです。レシチンは、ヒトの細胞膜、特に脳神経細胞膜の重要な部分であり、心臓や脳の器官の成長、代謝、生理機能の調節に重要な役割を果たしています。生活の多くの成分、特に大豆に含まれるレシチンの含有量が高いレシチンが含まれています。人々が浄化された後、レシチンカプセルにすることができます。どうすればよいですか?体にレシチンを補給することの利点は何ですか?
卵磷脂

1.肝臓を保護します
レシチンは人間の肝臓の守護聖人であり、そのコリンは脂肪との強い親和性があり、体内の脂肪の代謝を促進し、肝臓での脂肪の沈着を減らし、脂肪肝を防ぎ、肝炎の発生を減らすことができます。さらに、レシチンは肝細胞の再生を促進し、血中のコレステロールを浄化することができます。体が十分なレシチンを吸収すると、肝硬変を予防し、肝機能の回復を助けることができます。
2.糖尿病の補助療法
レシチンは、人間の糖尿病の緩和と治療に大きな影響を及ぼします。体内のレシチンの量が不十分な場合、体の内臓機能が低下し、インスリン分泌の量が糖の正常な細胞代謝を満たすことができなくなります。これは、企業が糖尿病を誘発するためです。レシチンが時間内に体内に追加されない場合、それは私たちの国の糖尿病の回復を効果的に促進し、彼らの血糖値を通常の生活水準に下げることができます。
3.血液を浄化し、血管を保護します
レシチンは血管スカベンジャーと呼ばれ、人間の血管の脂肪を乳化して分解し、血液循環を促進し、血清の質を改善し、血液中の過酸化物を除去し、人間の血管の脂肪の保持を減らすことができます。
4.老人性痴呆を予防する
脳神経細胞の正常な機能を維持し、老人性痴呆の効果的な予防と治療の効果を達成します。
5.体力を高め、老化を遅らせる
細胞を保護し、細胞の老化を遅らせ、細胞の活力を高め、体の免疫力と耐病性を高めます。

関連記事です
レシチンは脳にかけがえのない効果をもたらします
大豆レシチンの役割と栄養を知ることはもっと重要です!
なぜ魚油とレシチンを組み合わせる必要があるのですか?

肌の保湿の長期的な効果は何ですか


皮膚の問題であれ、人間社会であれ、水は重要な効果を持っています。水は生命の源です。人々は水なしではできないので保濕面膜推薦、皮膚もそうです。
しかし、私たちの大人の女の子の場合、水分含有量は基本的に最も少なく、顔の皮膚は15%未満です。
肌に潤いがないと保濕面膜推薦、しわができます(たとえば、冬の乾燥した天候では、肌が凍りやすく、ひび割れやすいので、通常は冬にクリームを拭きます)。クリームには保湿成分と保湿成分が含まれているため、肌の老化とたるみがあります。ドライなど
脱水肌は簡単に敏感な筋肉になります。
8つの簡単なトリック、低コストの保湿
1.毎日たくさんの水を飲む
特に朝起きたときは、新陳代謝を助け保濕面膜推薦、朝起きたときに肌をしっとりと輝かせるために、たくさんの温水を加える必要があります。
2.就寝前にフェイスクリームを塗ります
眠りにつくときは、適温で安定した使用温度を保ちましょう。冬は室内に入ると少し乾燥しますので、保湿・化粧水を塗って、眠りにつくときの水分を閉じ込めてください。
三、スチーム保湿
加湿器の使用は良いスキンケア方法です。そうでない場合は、毎日沸騰したお湯を沸騰させて、熱い蒸気で肌に潤いを与えることもできます。経済的で実用的です。部屋に湿った植物を置くと、人々は新鮮な気分になります。快適です。
第四に、ローションとペーパーマスク通常のローションをペーパーマスクに注ぎ、顔に貼り付けて、使い続けてもしっとりと弾力のある肌に仕上げます。
五。マスクに素早く潤いを与え、肌を輝かせます。
保湿エッセンスでマスクを浸すことはローションよりも優れています。水分が大幅に不足している場合は、肌に必要な水分をすばやく補給することができます。
第六に、ローション+保湿エッセンスは、肌の空腹と喉の渇きを本当に解決します
毎日お使いください。保湿効果の分析が不十分な場合は、保湿エッセンスのボトルを追加すると、お肌の水分が2倍になります。使用するときは、エッセンスを塗ってからローションを塗ると、水分の蒸発時間を効果的に伸ばすことができます。
きれいに水を補給するために使用され、便利で効果的です。
バスルームでは、水蒸気の助けを借りて、より効果的に保湿するために水分補給フィルムの層を置きます。
8.過度の脂性スキンケアを避けてください
油は水分の蒸発を減らすことができますが、脂っこいスキンケア製品はさわやかなスキンケア製品ほど効果的ではありません。過剰な油の分泌は、詰まった毛穴を増やします。


関連記事です
冬に肌が乾燥しすぎたときに肌に潤いを与える方法は?
肌に潤いを与えるほど、脂性になりますか?これらの保湿の誤解を見つけましたか?
皮膚好保濕是關鍵,掌握3技巧,讓你皮膚白皙彈起來

私の食生活(健康管理と節約)その3

大雑把な性格なので、細かい栄養管理は出来そうにありませんが、
一番、気を付けているのは、きちんとタンパク質を摂取老協珍滴雞精することです。
ランニング(ジョギング)をするので、そのためにも必要です。




50代女性の1日必要量が40g、推奨量が50g。








これを参考に計算すると、今日の摂取老協珍熬雞精量は、40-45g。
ギリギリですね。きっと、もっと摂った方が良いのでしょう。
カロリーとのせめぎあいですね。




あと、タンパク質と直接関係ないのですが、
日本食が手に入りにくい以外で、カナダでもう一つの食の不都合と言えば、
なんでも大きい(量が多い)
ということなのです。




以前は、野菜とかも、カットして小分けして、冷凍したりしていましたが、
やはり、新鮮なものを食べたいし、冷凍するとあまり老協珍熬雞精美味しくないので、
最近は、あきらめました。
私の出した結論は、一度にたくさん食べる です。




例えば、ほうれん草とか、大きな房を2-3回くらに分けて食べて、
その都度、ほうれん草づくし にします。
(味噌汁、ソテー、卵焼きなど)
ブロッコリーは、ゆでて冷凍したりもしますが、
これも、2-3回に分けて、ブロッコリーづくし にすることが多いです。
本当は、もっと「いろいろなものを少しずつ」食べたいのですが。
(あと、栄養的にどうなのか疑問ですが。)




肉は、小分けして冷凍しますが、
他のものは、大体、料理してしまってから、一食ずつ冷凍します。




年齢が上がってくると、それでなくても、食生活の管理は難しくなる上、
やはり、北米は、太りやすい環境にあるので、気を付けないと。
節約もしないとだし、永遠に続く課題、という感じです。

Related Links
免疫力を上げるには
Different effects of different weight loss
What is a healthy diet?