lsiaunqoのブログ

lsiaunqoのブログ

荷物になりたくない

荷物にも妨げにもなっていない。」


「他には?言いたいことは何でも言ってくれ。」


「あなたの事を考えると胸が苦しいの。」
彼が私の身体を起こして抱きしめると、背中をぽんぽんと叩いてくれる Neo skin lab 好唔好
「それから?」


「私には警護は必要ないから、家の前に立たせるのは止めて。」


「嫌だ。危ない目にあったんだ。それは出来ない。」


「記者の人は来ないんでしょ?だったら、今迄の生活に戻って何も起きない。」


「今までの生活に戻れると思うのか?ウンスは俺の女だ。今までの生活には戻れない。
いつまた違うやつに狙われるとも限らない。」


「じゃあ・・・やっぱり、私を解放して。別れて。普通の生活に戻るから。」


「今、俺の事を考えて胸が苦しいと言わなかったか?それがなぜ別れる事になるんだ?」


「私は一般人だからお手伝いさんも警護の人も必要ないの。あなたとは生きている世界が違うの」


「別れてどうする?今までの生活に戻って、俺の事は忘れると?忘れられるのか?」


出来る訳ないこんなに好きなのに。
忘れるなんて・・。


でも、私は同じ世界に住むなんて出来ない。


想像しただけで、涙が止まらない。
もう何も話せなかった。


夜勤で疲れ切っているのと、彼の婚約者の事で頭の中がぐちゃぐちゃだった。


彼は泣きじゃくる私を抱きしめ、優しくキスをしてくれたreenex 效果


それ以外は何もしなかった。


ベットに抱きかかえられて、後ろから抱きしめられて二人で眠った。
泣きながらも、私はいつの間にか眠りに落ちていた。